Risicare

“勇気を持って試みる”をコンセプトにあらゆる分野をぶった斬るブログ。
内容は政治経済・国際関係から音楽・スポーツ・エンタメまで硬軟多種。
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
0
    2017年のまとめ

    JUGEMテーマ:日記・一般

     

    光陰矢の如し。

    一年間はあっという間です。

    2017年をちょっと振り返ってみます。

     

    【政治・経済】

    これは「安定は希望」である。

    基本的には心配することはない。

    しかし、小池都知事率いる希望の党は結局尻窄み、

    改革保守などではなく、民進党の分身というか、

    保守は愚か、安保法制に大反対した左翼も紛れており

    もはや民進党と何の変わりもない。

    一過性の人気取りは何の意味もない。

    さらに、立憲民主党という怪しい存在。

    史上最悪の統治せずの悪夢の菅左翼内閣の再来。

    民進党と何ら変わりないのに、支持率を二桁に戻してしまう所、

    支持してる輩は健忘症か痴呆症のバカ者かアホ野郎だと断罪する。

    つまり、野党の面々が非常に低レベルということ。

    未だにモリカケ問題を叫び続ける所は税金泥棒である。

    一方、政府与党も働き方改革だの人づくり革命だの

    標語やフレーズの威勢はイイが、中身の具現化がイマイチである。

    働き方だって、残業を無くせばイイってもんではない。

    プレミアムフライデーなんて、馬鹿げたナンセンスな考えの最たるもの。

    安定政治のもとで、具体的な政策の遂行を求めたい。

    あとは財政健全化の道筋。

    経済成長と景気対策と財政規律は三輪で語るべきです。

     

    【スポーツ】

    これは今年も広島カープにつきる。

    CSでの尻窄みは喝!であるが、

    見事にリーグ二連覇を達成した点は大いにあっぱれです。

    黄金時代の到来に、来期も期待したい!

    相撲は年初こそ稀勢の里の二連覇に歓喜であり、語り継がれる優勝。

    最後まで諦めないことの大切さを私たち日本人に示してくれた。

    必ずしも成功は約束されないが、諦めかけた時に、横綱の痛みに耐える姿を思い出したい。

    しかし、これまた尻窄みであり、その後の取り組みは喝!である。

    土俵外の騒ぎにも喝であり、来年は落ち着いた土俵に集中したいところ。

    フィギュアはやはり宇野きゅん!

    健気な姿が心を擽るが、強く成長する姿に心を打たれる。

    平昌五輪でのメダルに期待したいし、メダルを取って欲しい!

     

    【エンタメ・音楽】

    今年は16公演のライブに参戦。月1以上ペース。

    完全にストレスの捌け口には、音楽の力がありました。

    それぞれアーティストを振り返ってみると、

    お初のゆず、東方神起、OKAMOTO'S。

    単独は初のオーラル、MAMA、キュウソ。

    お馴染みのNICO、シャイニ、CN、ヨンファ。

    今年はライブ関係の初モノが多い年でした。

    そして、アーティスト数の多さも随一の年だった。

    その分、たくさん楽しめた年だったかと思います。

    全てを振り返ると、それだけで更に年を越してしまいそうなので、

    全てのアーティスト方々に感謝と敬意に代えさせて頂きます。

    音楽に、国境なし。音楽の力は、偉大なり。

     

    【仕事】

    これは去年までの"満身創痍"を越えて"社畜"と化す。

    しかし、30代初心者として、少しは仕事の取組み方を変えられた点もあった。

    前店の厳しい支店長に「○○は成長した」と言ってもらえたのが、その全てだろう。

    井村監督の言う"結果が出てこそ初めて、がんばった日々も輝く"も表彰など諸々体現した年だった。

    人生は戦であり、知恵か汗を出さねばならない。

    良いお客さんに恵まれたことを実感した年だった。

    一方、10月の予期せぬ転勤で、新店の客の前任者の影響大で戸惑いストレスの日々。

    前任者は悪くない。チャラいけど自分も好きな人だから。

    ただ、影響が大きすぎて、お客がその人の話ばかりなのでフラストレーション。

    「お前(=客)は、どれだけ私の心を叩いてるー!!」と豊田元議員ばりに叫びたい(笑)

    肯定的に捉えれば、客擦れしてない今に転職してしまおうか、とも考える。

    変に愛着というか、情がわかないうちに。

    それは冗談半分以下、本気半分以上にして置いといて(爆)

    資格試験面では不本意だった点は来年に譲ります。

     

    【私生活】

    ほとんどエンタメ・音楽で過ごしてるから、ほとんど重複してしまうけど、

    やはり、音楽の力は、偉大なり。

    CDが売れない時代だけど、

    IoTやらAIやら時代の流れは大きく変わるけど、

    音楽は音楽でしかないけど、絶対に必要だし無くならないと思う。

    唯一それ以外で挙げるとすれば、

    結婚やら何やらを言われるのが非常に多い年だった。

    これも来年に譲ります。毎年譲ってばかりな気がするけど(笑)

     

    本年も当ブログをご覧頂き有難うございました。

    善き年を迎えられることを祈願申し上げます。

     

    | 日常日記 | 21:56 | comments(0) | - | - | - |
    0
      2017年のカウントダウン

      JUGEMテーマ:NICO Touches the Walls

       

      4年振りのCDJ!

      フェスは夏がいいと思ったけど、

      久し振りに来ると、冬もいいね。

      しかもカウントダウンって、やっぱりイイ!

       

      【聴いたアーティスト方々】

      SHE'S、NICO Touches the Walls、THE ORAL CIGARETTES、

      BIGMAMA、Base Ball Bear、凛として時雨、アルカラ、フジファブリック、back number

       

      先ずもって、ニコとオーラルがいただけで大満足(^.^)

      好きなバンドBEST1&2だからね!

      ニコはやはり安心する存在。これは贔屓目も入ってるか(笑)

      まさかのロデオをここで聴けるとは夢にも思わず、興奮する。

      ただ、往年ファンじゃないと盛り上がれないナンバーだったかも?

      でも、やはり安定の抜群の演奏力、歌唱力、コーラス力!

      一方、これまた大好きなオーラル。

      勢いの違いを感じた。盛り上がりがハンパなく!

      サークル活動に巻き込まれる寸前でした(笑)

      ただ、やはり演奏等はまだまだ荒削りだよね。

      伸びしろに、まだまだ期待大です。

       

      加えて、ママの安定の多幸感!(金井さん、ちょっとお疲れだった?)

      そして、時雨も聴けて良かった!

      特にニコフェストもとい光ちゃんのお陰で、時雨にハマる。

      TKカッコいいよね!小室哲哉ではありません(爆)北嶋くんです。

      年上だから北嶋さんか。光ちゃんは君呼びだったけど。

      1125の時のコラボのAuroraが忘れられない。

      光ちゃん、北嶋くんと間接キスになっちゃうとか嬉しそうだったっけ。

      あのAurora、音源化してくれないかな〜

       

      ちょっと話が脇道に逸れましたが、

      30日は一番メンツ的に最高でしたね。

      フジファブリックとか初めて聴いたけど、

      何だかとっても楽しかったし!

      個人的にback numberが大トリというのが納得いかんでしたけど、

      我々はそこまでって感じだったので、途中で帰りましたが(爆)

      今回お初の方と一緒しまして、まぁ好みは色々。

      でもって、バンドも色々。人生色々です(笑)

      でも、必ずハマるバンドがいるのがフェスのイイ所です。

      納得の大満足のライブ納めでした。

      来年も素敵な音楽に出会えることをここに祈願。

       

       

       

      | タレント | 23:50 | comments(0) | - | - | - |
      0
        【ジョンヒョン追悼】〜挫折、雌伏、栄光。

        JUGEMテーマ:SHINee

         

        今年もあとわずかとなりました。

        X'masで街が騒がしくなると、年末年始へまっしぐら。

        毎度お馴染み仕事関係で考えてみると、

        ここ数年は仕事的12月の奇跡だの、(笑)

        最後の一歩、最後の壁を乗り切るだの、

        大袈裟な感じがしたけれども、

        異動して落ち着いた今、例年では考えられない程まったりで

        近年の感じに慣れてしまった身としては、

        こんなことで良いのかと若干思ってしまうのは逆に病気か?

        修正目標は達成見込みでも期首のそれは未達だけど…

        前店のそれを見るともっと大変な状況だから、まぁ良しとするか?

         

         -----------------------

         

        大好きなジョンがこの世を去り10日程。

        今でも本当に信じられない。

        本当に大好きだったから。

        この際だから変態発言も承知の上で言うと、

        その顔も、唇も、話す声も、歌声も、何もかも全部が好きで、

        それはまぁ、知人のキーペンさんに驚かれる程。

        9月のドーム公演は「オニュさんがいないけど最後まで頑張る」

        と言って、いつもより柔らかい表情が印象的だった。

        何度も自分がいる方に来てくれて見せてくれたその素敵な表情が

        昨日のことのように思い出される。

        ただでさえ繊細でシャイで照れ屋の彼は、多分、背負いすぎた。

        それ故に、人一倍涙もろかったもんね。涙は心の汗なり。泣き顔も大好き。

        テミンちゃんが言ってた「完全体5人ですぐに戻ってくる」

        これがまさかこんな形で永遠に奪われることになるとは…

        しかし、私たちの心に刻まれる姿は永遠に5人で輝くSHINeeだし、

        ジョンのその歌声もその存在も、永遠に輝き続ける。

        今後のSHINeeはどうなるか?

        それは4人で精一杯悩んで答えを出して欲しい。

        そして、ジョンの死を決して無駄にすることないよう、

        残された命を与えられた私達は、ジョンの分まで生きなければいけない。

        さらに、SMEにはジョンの死の意味する所を努々考え直して頂きたい。

        唯一完全体であったSHINeeを、こんな形で失いかけている状況を。

        これでSM所属グループは、すべてが不完全な形となった。

        こんなブラック企業があるか。

        タレントを大事にしない事務所に、未来はない。

        SMの音楽は大好きだけど、問題大アリの事務所だと思う。

        絶対に絶対に、ジョンの死を無駄にするな。

         

        今年も残りわずか。

        ジョンの分まで、悔いなき2017年の締め括りにしよう。

        | K-POP | 01:13 | comments(0) | - | - | - |
        0
          最強最高のフェス、NICOFEST!

          JUGEMテーマ:NICO Touches the Walls

           

          昨日は初めての1125(イイニコ)の日、参戦!

           

           

          毎年必ず11/25は開催してるイイニコの日だけど、

          これまでずっと平日で昼間からだったので念願叶って!

          個人的に例年通りワンマンでやって欲しかったので

          フェス形式って聞いて最初は正直え〜って思ったけど、

          光村先生、御免なさい!大大大成功でしたね!!

          そして、もっとNICOが大好きになった日となりました。

          改めて、光村龍哉を尊敬致しました。

          更に、その懐の深さが他アーティスト方々のエピソードから滲み出ており…

          史上最強のフェスだったと思います!

          ブルエン田辺くんのNICO愛、光っちゃん愛にこっちまで嬉しくなり

          クリープハイプ世界観とのエピソードも素敵でした。

          個人的にこの2人のAurora(Prelude)が聴けたことは超レア!

           

          TK!多忙の中、最後まで居なかったのが残念過ぎたけど、これは超レア!

          パスピエの独特な感じも貴重だったし、

          何より、スカパラが楽しすぎる一体感と心地よさに感動!

          ラストの手をたたけのコラボも超レア物でしたね。

          とにかく、レア過ぎ、素敵過ぎ、最高過ぎるフェスに多幸感溢れ過ぎでした☆

          この余韻にいつまでも浸っていたい所だか、

          今日はこれから初TVXQ!チャミユノ!

          ニコフェストも必ず再度振り返るとして、

          この幸せを引きずったまま(笑)ドームへと向かいます!

          明日への活力ー

          | タレント | 14:17 | comments(0) | - | - | - |
          0
            肯定的に捉えてみる

            JUGEMテーマ:日記・一般

             

            巷ではメガバンクの人員削減の話で大騒ぎ。

            我が業界のお話であります。

            入社当初はこんな展開になろうとは夢にも思わず。

            金融機関は決して安泰な職業ではありません。

            アベノミクスの方向性は概ね賛同するが、

            日銀の金融緩和策は疲弊しており、出口戦略は確実に講じるべき。

            マイナス金利政策の成否は個人的に微妙だと思う。

            企業の借入意欲が爆発的に上がっている訳でもなく、

            それでも銀行が金を出してない!と宣う金融庁長官は現場感覚のないポンスケだと思う。

            投信の手数料が欧米と比べて高過ぎるだの、辣腕だの持ち上げられてるが

            欧米のそれと比べたら規模が違うのだから、単純な比較にならないと思う。

            フィデューシャリー・デューティーと尤もらしいことを言っているが

            本来、金融機関の持続可能性を打ち出すべき立場としてはあるまじき姿であり

            あの長官の顔を見ると個人的に怒りと憤りすら覚える。

             

            それでも前に進まなくてはいけないし、この街、この国には続いて欲しい。

            我が社の収益は完全に逼迫し、疲弊しており、

            浮き足立つポンスケ経営陣は迷走し続けている。

            こちらもまた現場感覚を欠き、被害者はいつも現場の私たちだ。

            しかし、挑戦し続けていかねばならない。

            成長を諦めた組織や団体に、未来はない。

             

             

            今週2日間、新規法人開拓強化セミナーなるものに派遣された。

            私奴が代表して外部研修に参加させてもらったことにまずもって恐縮である。

            今流行りのロールプレイング中心の研修で、徹底的にロープレの嵐。

            結構疲れたが、他行の方々から大いに刺激を受けた。

            特に、グループの中心的人が、なんと隣のライバル行の人で

            自分より年次で3年先輩とは言えども、財務分析が超スピーディー。

            逆に、うちで同等年次もしくはそれ以上の人であそこまで出来る人はいるか?

            他人のことはもとより、自分自身のレベルの低さに愕然とする。

            これは多分努力の賜物であり、訓練・鍛練の差を見せつけられた。

            私も中高大と部活をやっていたからよく分かるが、

            結局の所、勉強も部活も仕事も、訓練・鍛練が物を言う証左である。

            様々な考え方や刺激を貰い、今後にとり良い経験となりました。

             

            また、都内で優雅にサラメシ。

            ランチを12時頃から取れるのが、研修の醍醐味、贅沢。

            普段は取れない時もあったり、取ってもコンビニ飯だから。

            1日目は老舗風の蕎麦屋で蕎麦+親子丼。昔ながらの落ち着く雰囲気。

            2日目は今流行りの牛カツ。前から食べたかったので満足。

            ただ、都会ランチは軽く1,000円超なので、薄給にはこういう時以外は無理(笑)

            さらに、研修の特権は帰りが早いことなので、

            御茶ノ水の明大や駿台辺りをブラリする中で予備校時代の夢や希望を思い出してみたり、

            CANADA GOOSEを探し求めて都内をブラリする中で

            高級感に浸ってみたり、800万のボルボの展示車に触れて、

            やはり今よりイイ会社に転じて、もっとイイ生活=イイ給料を手に入れたい!

            という向上心に再び火がつく。向上心なき所に、成長なし。

            現状と未来とに、様々な感情が湧いた2日間の研修だった。

            現状においては、この研修での経験と刺激を活かして、まずは最短で昇進。同期に負けない。

            未来においては、もっとイイ会社・給料で代官山に住んで、ボルボかアウディに乗る(笑)!

            後者は半分以上冗談にしても、実現したい半分弱の気持ちアリ。

            しかし、いすれにしても肯定的に捉えていこう。

            次の土日はNICOとTVXQ!どちらも楽しみ過ぎる!

            これらに向けて、やるべきことを肯定的に、決める、進める。

            | 日常日記 | 01:09 | comments(0) | - | - | - |
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            R.Y.U.S.E.I. (CD+DVD)
            R.Y.U.S.E.I. (CD+DVD) (JUGEMレビュー »)
            三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE
            RECOMMEND
            PLANET SEVEN (CD+DVD2枚組)
            PLANET SEVEN (CD+DVD2枚組) (JUGEMレビュー »)
            三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            THE BUNGY(初回生産限定盤)(DVD付)
            THE BUNGY(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
            NICO Touches the Walls,Tatsuya Mitsumura,Hajime Okano,AIR
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            PR
            NEW ENTRIES
            RECENT COMMENTS
            CATEGORIES
            ARCHIVES
             
             
             
             
             
            MOBILE
            qrcode
            LINKS
            PROFILE
            OTHERS
            このページの先頭へ